酵素ジュース政策での失敗事例【発酵度合い・カビ】

酵素ジュース ダイエット 効果
Pocket

以下の様な失敗例がよく酵素ジュースを手作りする際に見られますので参考にしてみて酵素ダイエットで効果を出してみて下さい。
先ずは「発酵度合い」が上手く行ってないと言う事象が挙げられます。
レシピに書いてある期間が過ぎてみたけど、何だか発酵していない様な感じがするという現象が起こる事がよく有ります。
例えば発酵している目安になる泡が出ていない、味が全然最初と変わらないと言う様な現象です。
こうした場合は放置しておく気温が関係していると思われます。夏場は発酵しやすいし冬場は発酵しにくいと言う特徴が有りますので覚えておくと良いですよね。
更に発酵する前に瓶を放置しておくだけでなくて、糠床を育てるみたいに材料が入った瓶を1日1回はかき混ぜる様にすると空気も入って発酵も進みやすくなるみたいです。
またかき混ぜる際にはよく手を洗い水気を切った手で行う様にしましょう。
次に「カビの発生」が挙げられます。
発酵途中の段階でカビが容器の中に発生してしまう事が有ります。カビを取り除けば酵素ジュースとして飲む事も出来ると言う考えも有る様ですが、出来ればカビが生えた酵素ジュースは失敗作として新たに作る様にした方が良いと思います。
カビが生えない様にする為には菌が触れない様に材料を入れる容器や材料を切る包丁、材料が触れるまな板と言った物を予め殺菌しておいてから使う様にすると良いと思います。
こうした事象が起きない様に発酵させ、美味しい酵素ジュースを作ってダイエット効果を高めて下さいね。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL